株から始まった私の投資歴 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

私が初めて投資に手を出したのが2011年。

当時読んでいたZAIの影響で株を始めてみました。

初めての株 資産は増えたけど・・・

チャートの形を見て株価が上がるかどうかを判断するという記事を読んで「自分にもできちゃうのかな?」と思ったのがきっかけでした。

株の知識なんてないし一人暮らしで貯金もそうなかったので、とりあえず10万円を口座に入れてちまちまと株を買っては売って、を繰り返していました。

ビギナーズラックと言えるのかわかりませんが、一度もマイナスになる事はなくゆるやかに資金は増えていきました。

でも数ある銘柄のチャートをひたすら見て、自分の資金で買えるかどうかを判断して、注文、タイミングを見て利確をするっていうのが負担になってしまって一年も経たないうちに口座にログインする事はなくなりました。

平日しか取引できない株はダメだなー、と思った私が次に挑戦したのがFX。

平日仕事をしているからFXの方が合ってるのかも?

24時間ほぼいつでも取引できるし、豪ドルを低いレバレッジで保有してこつこつスワップを稼ぐというやり方に魅力を感じたからです。

当時主婦の方がFXに挑戦しているという記事をよく読んでいて安心したっていうのも大きかったかもしれません。

「リスクを抑えて保有して気が付いた時にはちょっとお金が増えていたらうれしいな」

最初はこんな感じだったのですが、実際に保有してみると落ち着かなくってソワソワ。

「いきなりチャートが急降下していたらどうしよう」と夜中に何度も目が覚めてしまうし、仕事中もポジションが気になって仕方ない。

常にスマホでチャートを見る生活が続き、ロスカットを経験した事もあって一年ほどで断念しました。

投資が怖くなっていた私が行きついた「積み立て投資」

お金は増やしたい。

でも投資は怖い。

でも貯金だけじゃ将来が不安。

でもリスクはできるだけ避けたい。

そんな時に知ったのがセゾン投信の積み立て投資でした。

自分で銘柄を選ぶわけでもなく、一度金額を設定したら基本それっきり。

長期投資なので評価額をチェックするのは月に一度程度でも大丈夫。

もちろん投資なのでリスクがない訳ではないけれど、銀行口座にお金を寝かせておくだけよりはずっと効率が良さそう、という理由で毎月少額ですが運用しています。

始めた時期が良かったのか、今のところは一度も評価額がマイナスになる事なく運用できています。

(その分、この先どうなるか不安ではあります。)

セゾン投信で積み立て投資をしていますが、だからと言って投資の知識が増えたわけではありません。

もう少ししたらイデコでの運用も始まる予定なのでそれまでにもうちょっとは理解を深めたいと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へこのエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク