「そうじしました感」を手に入れるために道具を新調 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

カーテンの掃除の時にも画像を載せたハンディワイパーは100円ショップの物なんですが、どうも使いずらい。

ホコリを拭いても拭き残しがあるし、せっかく取れたホコリがぽろぽろ落ちてくるし。

高い所に使うと自分に綿ごみが降ってきます。

テレビ台の掃除遍歴

テレビ台の掃除といっても毎日ホコリをさっと拭く程度です。

はじめの頃はランチョンマットを取り換えるついでに拭いていました。

毎日拭くし、その後洗濯するのでランチョンマットを使うことに抵抗はなかったんですが拭いてるのにホコリというか布の繊維が残っていてキレイになったという実感がないんです。

我が家のテレビ台が黒いので余計に目立つのかもしれません。

なので年末に100均でハンディワイパーを用意したのですが最初の2,3回は良いんですけどちょっとホコリがついてしまうとキャパオーバーになってしまうみたいで新規のホコリを受け付けなくなってしまうんです。

決め手になったのがカーテンレールの掃除

掃除している最中にホコリがポロポロ落ちてくるんですよ。

やっぱり買い換えてよかった 達成感がちがいます

さすがにこれは良くないぞ、という事で今年に入ってドラッグストアで売っているハンディワイパー「ウェーブ」を用意しました。(ハンドルはそのまま再利用しました)

100円の物と比べるとふんわりしてしなやかで触り心地がとても気持ちいい。

肝心な使い心地もホコリを逃すことなく拭き取ってくれるしキャッチしたホコリが舞い上がらない事に感動しました。

今年に入ってほぼ毎日使っているので見た目は結構汚れた感じになっていますが、まだ交換しなくてもいけそうな感じ。

こんな事ならもっと早く用意すればよかった!!

ホコリが舞い上がらないこともそうですが私が一番うれしいのは

「そうじしました感」があること。

家をキレイにするのは当たり前のことだと思うけど誰かがほめてくれる訳じゃないのでなんだか達成感を感じられないうえに、掃除したばっかりなのにうっすらホコリが見えてるときたらなんだかガッカリしてしまいます。

掃除は明日もあさっても続くことなので自分が気持ちよく掃除できる環境はとっても大事なのかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へこのエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク