窓の結露に悩んできづいたこと お金をかけたら解決するとは限らない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

仕事を辞めて家にいる時間が長くなると今までは気付かなかったことや全然気にならなかったことに目がいくようになってきます。

最近気になるのが窓の結露

私が暮らしているアパートは二重サッシじゃないので朝起きると窓の結露が結構すごいことになっています。

去年とは比べものにならない寒さも影響しているのかもしれませんが、仕事をしていた頃は朝早くに家を出ていたので窓を見る余裕もなかったんだとおもいます。

ヒマって程でもないんですけどめちゃくちゃ忙しい訳でもないので色んな所が目につくんでしょうね。

毎朝カーテンを開けて結露の具合を見るのが習慣になっています。

毎朝結露でびっしょり、カーテンも濡れていることもあります。

窓のふちの部分に結露を吸収するシールを貼っているんですけど毎朝かなりの量なのであっという間に容量オーバーです。

しかもこの間黒くポツっとしている部分を見つけてしまいました。

カビです。

大慌てでシールを張り替えました。本当は窓全面にシールを貼ってやりたいくらいです。

お金と時間をかけたら満足するとは限らないと知りました

これは窓二面分の結露です。

こうして見るとずいぶんな量だと実感します。

が、イマイチきれいに結露が取れてくれないんです。

窓に接する部分がゴムではないのでフィットしにくいんではないかという夫の意見でした。

触ってみるとちょっと柔らかいプラスチックのような感じでここがしっかり窓に接してくれないから結露が取れないんですね。

このワイパーは最近100均で買ったものです。

このところ100均アイテムを外してばっかりな気がします。

全然ダメではないんですけど時間がかかる割に効果がね・・・。

なので最近は結露をタオルで拭くという方法に落ち着きました。

ワイパーよりすぐ乾くし窓もキレイになります。

この方法を試してみて一番いいなと思ったことはついでにサッシの掃除も済ませることができることです。

なんにもしてないのにいつの間にか汚くなるサッシも結露で濡れたタオルで拭けば毎日キレイを保てるんですよ。

ちょっとでもラクしたいと思ってお金と時間をかけて道具を用意したのに。

結局は元から家にあったタオルを使った方がお金も時間もかけずに、そして自分が思っていた以上にキレイにすることができるなんて。

工夫するって大事ですね。

予想外のキレイを手に入れて満足していますが、実際キレイになったのは窓の内側だけなのでした。

外側はもう少しあったかくなってから頑張ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へこのエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク