年間20万円以上の節約 改めて数字にしてみるとぎょっとする車の維持費

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

固定費を浮かすことが家計の負担を軽くするための近道だと思っています。

そういう理由から去年車を一台手放しました。

一人一台は当たり前の田舎で暮らしています

田舎に暮らしているので普段の移動手段は車です。

一人一台持っていないと何かと不便なのですが、夫の会社がマイカー通勤を禁止している事もあり去年退職をしたタイミングで私の車を手放しました。

仕事を辞めて運転する機会が減るけれど、持っていたらやっぱりお金がかかりますからね。

私の車は軽、夫は普通車。

コストを考えると普通車を手放した方が負担は軽くなるんですが、近い将来子供ができた時のために私の車を手放すことにしました。

愛着のある車を手放す、私の知らない遠くに行ってしまうのがなんだか悲しくて躊躇していたんですが、ちょうどその頃義理の父が車の買い替えを検討していたこともあり使ってもらうことになりました。

去年一年で軽自動車にいくらかかったのか?

今までは一人一台が当たり前と思って生活していたので特に深く考えたことがありませんでしたが、いざ手放してみるといかにお金がかかっていたかという事に気づかされます。

ちなみに去年一年間に私の軽自動車だけでどれだけのお金がかかっているのか、家計簿をひも解いて振り返ってみようと思います。

ガソリン代     ¥70.529

税金        ¥7.200

免許更新      ¥3.000

車検        ¥54.189

保険料       ¥46.780

その他       ¥50.866

合計        ¥232.564

ガソリン代は月によってバラつきがありますが大体毎月5千円ちょっとかかっていました。車を譲ったのは12月ころだったのでほぼ一年分のガソリン代です。

その他に含まれるものはバッテリーやタイヤ、ワイパーなど。

去年はちょうど車検があったりタイヤの買い替えなどもあり、例年よりかなり高めの値段になっています。

これにほぼ月に一度しか乗らない夫の車の維持費を加えると去年だけで40万円超えていました。

家計簿をつけているけど、なんとなく記録しているだけで振り返ることもなかったので金額をみてびっくり。

生活のためとはいえ、こんな大金を毎年払い続けていたと思うと我ながらすごいー。

いつの間にかお金がなくなると思っていたけどこういう所に原因はあったのね。

夫がマイカー通勤にでもならない限り夫婦で一台を続けていきたいと考えています。

自分の状況を最大限に生かして節約する

たまたま夫がマイカー通勤をしないおかげで車を一台手放すことができたので他の方がこの記事を読んでも参考にならないかもしれません。

ですが、自分のおかれている状況を振り返って最大限にいかして節約をしていくっていうのは大事なことだと思います。

自分にしか当てはまらない特殊な状況だとしてもそれを生かさない手はないと思っています。

実際、車を一台手放すっていうのはなかなかの勇気でした。

車は一家に一台しかないという知り合いがいないからなのかもしれません。

手放したはいいものの、またすぐ必要になったらどうしよう?って、そればっかり考えていた時期がありました。

金額が金額なだけに

「必要になったらまた買えばいい」

とはなりませんからね。

けど年間20万円が浮くことを考えると素晴らしい選択をしたと思っています。

こんな事なら結婚してすぐに手放すのもアリだったのかなぁ、と今となっては思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へこのエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク