ヘナを使ったあとのきしみ、色落ち 普段のお手入れを見直すだけで改善できました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

30歳を過ぎたころから白髪が目立つようになり、2年前からヘナで白髪染めをしています。

頭皮がヒリヒリしない、毎日使わなくてもいいそれがヘナ

それまではいろいろと試してみたけど市販の白髪染めは手軽だけと頭皮がヒリヒリするし、カラートリートメントは自然に仕上がるけど色が入るまで毎日使う必要があるしお風呂の掃除が大変。

髪に優しい、コスパがいい、手軽にできる

そんな理由でヘナを使うようになりました。

染めた後はうるうるつやつや。

独特の匂いは今でも気になりますがトリートメントをした後のような手触りが気に入っているので月一の白髪染めがそれほど苦になりません。

今でこそヘナを使いこなせていますが使い始めの頃はひどかった。

[ヘナショック]最初の数回はきしみがすごかった・・・

美容院のメニューにもヘナカラーというのがあるので名前は以前から知っていましたが、そんなヘナが家で手軽に使えると聞き自分でもためしてみました。

が、生まれて初めてのヘナを洗い流している最中の不安を今でも覚えています。

すっごくきしむ。

ギッシギシにきしんで絡まりがすごい

髪を乾かすときに手ぐしがとおらずにとっても苦労しました。

乾かしたあとも髪はごわごわ。

長いと数日色落ちすることもあるので専用のタオルを用意しています

おまけにいくら洗い流しても色落ちしてくる。髪をギュッとしぼるとポタポタと茶色い水が出てくるので延々と洗い流していたことを覚えています。

ヘナを始めた当初は数日色落ちが続いていたことを覚えています。

これも回数を重ねるにつれて色落ちの期間も短くなってきています。

いろんな方の感想を読んでも使用感はさまざまなようで最初からきしみもなく、つやが出た!と書いている方がいれば使うたびにきしみが気になって結局ヘナを辞めた方もいるようです。

乾燥や傷みがきしみ、色落ちの原因のようですがヘアケアを見直して改善できました

個人差はあるようですが初めてヘナを使う時には仕上がりがゴワゴワする、色落ちが激しすぎて枕カバーや服に色移りしてしまった、汗をかいたらおでこが茶色に・・・なんていう方が多いようです。

私も服ではありませんでしたが、髪を洗うたびにバスタオルにうっすらと色移りがありました。白髪染め用のタオルを用意しておいて本当によかったと思っています。

現代人は多くの方が毎日シャンプーし、さらにはヘアダイやパーマなどをよくおやりのために頭皮や髪が痛みがちで、しかも乾燥して脂分が十分でありません。
その状態でヘナをしますと、さらに髪や頭皮から脂分が抜け落ちて、髪は場合によってはバサバサ、ギシギシになってしまう場合があります。

私は一年中髪を二度洗いをしていたのできっと頭皮がかなり乾燥していたんだと思います。

二度洗いすると泡立ちもいいし、なんだかスッキリするんですよね。

もしかして洗いすぎ?と気付いてからは一度洗いに変えて、たまに髪を洗わない日を作るようにしています。

そのおかげなのか?ヘナが髪になじんできたからなのか、最近は染めた直後のきしみに悩むこともなく、むしろ触り心地にうっとりする事も増えてきています。

髪が傷んでいると色落ちも激しいらしく、私も最初の頃はひどかった色落ちも回数を重ねるごとに少なくなってきている気がします。(まったく色落ちしないということはありませんが、タオルについても洗濯するとちゃんと落ちているので私はそこまで気になりません)

私のやり方を紹介します

左からヘナ、ボウル、コーム、泡だて器、古ハブラシ、レジャーシートです。

ヘナはナイアードの物を使っています。

この他にバスタオル、フェイスタオルシャワーキャップも使いますがまさにこの写真を撮った時に白髪染めをしていたので写真に撮ることができませんでした。

あ、あとケープがわりに夫のワイシャツのお古を使っています。

ヘナの袋に入っている説明書通りの分量のヘナとお湯をボウルで溶かして塗ります。

お湯で溶いた直後は緑色のペーストですが洗い流すころには茶色く変色します。

塗り方のコツの動画がいくつかあったので参考にしています。

ヘナを塗った髪に直接フェイスタオルを塗ってその上からシャワーキャップをかぶり放置します。

染めている間に好きなことができるので時間を有効に使えます

黒く染めあがるインディゴ入りのヘナは放置時間に限りがありますが、普通のヘナだと1時間以上置いても平気。

むしろ長く放置する方が色の入りがいいと言われているようで中には一晩放置する方もいるそうです。

さすがに私はそこまで放置はできませんが、今回は3時間放置してみました。

シャワーキャップをかぶっているので周りに色移りする心配もないので家事をしたりお昼ご飯を食べたり昼寝まで済ませることができました。

時間はかかるけどその間に他のことができるのがホームケアのいい所ですね。

3時間って今までの自分の放置時間でもかなり長いほうなんですが、やってみて気が付いたのは肩が凝るということ。

ヘナ、タオル、シャワーキャップ、たったこれだけなのに結構重さを感じます。

美容院で肩が凝る感じって自由な姿勢ができないからだと思っていましたが実は普段よりも重たい頭を支えるのが負担になっているのかもしれません。

時間が経ったらシャワーで流しますが、私は染めた日と次の日は色落ちを抑えたいのでシャンプーをしないようにしています。

繰り返し使うことでうるつやの髪を手に入れました

市販の白髪染めは頭皮にしみるし、カラートリートメントは手間がかかりすぎる。

これだけ悩むなら美容院で毎月染めてもらうしかないのかな、とあきらめかけた事もありましたがめげずに使い続けて本当によかった。

お金のこともあるんですけど、美容院の接客トークがどうしても苦手でできればあまり行きたくないんです。コミュ障なんです。

普段から傷みと乾燥に気を遣うだけで仕上がりが変わるかもしれないヘナ、ぜひ試してみてはいかがでしょうか??

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へこのエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク