食費を楽天ポイントに換えるために夫名義の楽天カードを用意しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

普段よく行くスーパーが最近セルフレジを導入しました。

それまで支払いは現金と金券のみだったのに導入にともなってクレジットカード決済もできるようになっていました。

クレジット決済はVISAとマスターのみ

楽天ポイントを貯めるために払えるものはなんでもカードで払っている私にはとってもありがたい・・・が、レジには手書きで

「クレジットカードはVISAとマスターのみ」

と書いてあります。

私の楽天JCBは使えないようです。ショック。

少し前までは楽天VISAカードを使っていましたが、より効率的に楽天ポイントを貯める為にJCBに変更したんです。

関連記事です 楽天ポイント貯める作戦 ナナコカードはすぐにクレジットチャージできないので要注意

ガソリンが値引きになるので出光カードのVISAを持っているんですがガソリン値引き以外に恩恵を感じられないので給油以外で使いたくないんですねー。

家族カードではなく新規に夫名義の楽天カードを用意しました

だからといって毎月3万円近くの食費を現金で払っているのでこれが楽天ポイントに変えられるならこんなチャンスは放っておけません。

という事で夫名義のクレジットカードを作ることにしました。

どうせカードを作るなら複数のカードのポイントを合算できる楽天家族カードに申し込もうと思ったのですが、家族カードに申し込む場合は同じブランドでないと申し込みができないのです。

ブランドの切り替えができないなら家族カードを作っても意味がないので新規でカードを作るしか方法がなさそうです。

幸い楽天e-naviの画面で表示される紹介IDは家族にも使えるようなのでこちらを利用。

ちょうど合計7000ポイントがもらえるキャンペーンをやっているようなのですっごくいいタイミング!!

パンダバナー

ポイントをまとめることが出来ないのは残念ですが夫のカードにたまったポイントは夫の臨時収入として好きに使ってもらおうと考えています。

公共料金の支払いを楽天ポイントとして貯められる事以外のJCBを使うメリットってなんだろう?

それにしてもどうしてVISAとマスターは使えるのにJCBが使えないお店があるのか。

今まではずっとVISAカードで支払っていたので特に困ることはありませんでしたが、規模の小さいお店だとJCBが使えないと表記されている所って特に最近よく見かける気がします。

実際私が最初にVISAカードを作ったのもどこでも使えるというイメージがあったから。

実際どうなのかわかりませんが、加盟店手数料が高いという理由で導入しないという話を聞いたことがあります。

使えるお店が限られてもJCBを持ち続ける理由ってなんなんだろう。

みんな私みたいにナナコカードで公共料金の支払いをしている人なのか、それとも手放したくない程のすばらしいメリットがあるのか・・・?

もしかしたら自分にぴったりなお得情報が隠れているのかもしれないのでもう少し深く調べてみようと思っています。

私がよく行くスーパーも地元の小規模のスーパーだし、いつになるかわからないJCBが使える日が来るのを待つよりは大きなキャンペーンがあるタイミングで新規に楽天カードを作った方が賢いのかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へこのエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク