ワイシャツのアイロンがけ、面倒な糊付けはこの方法で解決!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

夫がスーツで出勤するので週に何度かアイロンをかけています。

付き合ってた頃は甲斐甲斐しくやっていたのにね。今となっては「そろそろアイロンやっとかないとなー・・・」てな感じ、ほんとにめんどう。

アイロンがけの前処理「糊付け」が面倒 エコじゃないしね・・・

ある程度枚数が溜まってから一気にアイロンがけをするので肩はこるし、時間がかかる。

でもそれだけじゃないんです。

ワイシャツのアイロンがけをする前には糊付けをしますが、これがちょっとストレスなんです。

我が家ではキーピングを使っていますがわざわざキレイなワイシャツをもう一度洗濯機に入れて糊付けをするのはなんだかエコじゃない。

洗濯済みのワイシャツが数枚溜まったらまとめて糊付けをしているのですが水も電気も時間ももったいない。

スプレーデビューしてみたら解決するのか?

アイロンをかけるタイミングで使うスプレーもありますから水がもったいないと思うならスプレータイプを使えばいいのかもしれません。

ドラッグストアに行くたびに買ってみようかと迷うんですが調べてみると

  • アイロンの熱で成分が焦げ付き衣類が黄ばむ
  • スプレーなので回りに飛び散るので敷物をしく手間がかかる
  • 洗たくのりと比べると減りが早い

などなどデメリットもあるみたい。

敷物をしくのが面倒なら浴室でやれば後がラクかもしれないけどシャツが黄ばむのは困ります。

毎度クリーニングに出せば手間はかかりませんがちょっともったいないからなぁ。

せめてもう少しラクにならんもんかと思っていたらありました、いい方法が。

超簡単!キーピングを水で薄めてふきかけるだけ!!

なんと水で薄めたキーピングを霧吹きに入れて吹きかけるというアイデア。

初めて聞いたときは大丈夫なのか?と思いましたが、キーピングの裏にはこう書いてあります。

キーピングを使ったあとはすすぎはいらないんだから洗濯機を使うか使わないかだけの違いに思えてきます。

はえー、自分にはない発想。ネットっていろんな人のお知恵を拝借できるからすばらしいね。

どのくらい希釈して使うのか、具体的な数字を見つけられなかったので目分量でキーピングうすめ液を作ってみました。

キーピングの濃度が濃いと霧吹きが目詰まりしてしまうそうです。

洗濯直後のワイシャツに直接スプレーするのですが飛び散りが気になるので浴室で試してみました。

ざっくり全体的にスプレーをして襟の部分はちょっぴり多めに。

あとはしっかり自然乾燥させたらアイロンをかけるだけ。やってみたらいい感じ!ちゃんとパリッとしています!!

キーピングの説明書きにはタンブラー乾燥はしないようにと書かれているのでスプレーをしたワイシャツは自然乾燥させるのがいいと思います。

洗濯機で糊付けするのと比べるとのりの付き具合にバラつきがあるかもしれませんが今の所仕上がりにはさほど影響なさそうな感じ。夫は特に気にならないと言っています。

今まで面倒だったアイロンがけの手間が一つ減ったのがなにより嬉しいです。

商品化したら売れるんじゃない??

キーピングも水も電気も時間も節約できるキーピング薄め液、ぜひお試しあれ♪

きっと私と同じように糊付けが面倒と感じている奥様もいるでしょうし、キーピング薄め液を商品化したら売れるんじゃないでしょうか??

目詰まりの心配がない

衣類の焦げ付きもない

最初から絶妙なバランスで希釈されているキーピング薄め液。作ってくれたらきっと買うなぁ。

数年後に花王さんから出たりして。

実は私が知らないだけでこういう商品はあるんでしょうかね??

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へこのエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク