[暮らしを小さく]私の家計簿遍歴。嫌々始めた家計簿ですが今では楽しく続いています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

19歳から結婚をするまで一人暮らしをしていたので当然自分のお給料だけで生活をしていました。

手取りは14万ちょっと。

そこからやりくりをしながら車を買ったり車検を通したり両親を連れてディズニーランドに旅行に行ったりしていたので我ながらよくやってたなぁ、と感心します。

ちなみに独身時代の貯金額はマックスで90万円ほどありましたが結婚をする時には20万くらいでした。

清貧の反動?二人分のお給料なのに毎月赤字でした

結婚をして二人分のお給料での生活が始まり

「これで今までほどカツカツした暮らしをしなくてもいい!!!」

と思った瞬間、今までがっつり踏んでいた心のブレーキを外してしまったのか散財した覚えはないのに毎月赤字になってしまっていたんです。

今思うと慣れない二人分の家事がストレスになり家で飲むお酒の量がふえたり、一人暮らしの頃にガマンをしすぎた反動からかほんのちょっとの贅沢(コンビニとか雑誌とか)を毎日のようにしてしまったんですな。

すき家とか、一回の金額は大したことがないけど毎週末外食してたし。

一人暮らしの時には今よりずっとずっと少ないお金でやりくりしてたので家計管理には自信がありました。それだけにショックは大きかったです。

とりあえず始めてみたレシート貼り付け式 私には合いませんでした

「やばくない?とりあえず家計簿から始めてみる?」

と夫に提案されたもののどの方法がいいのか、ちゃんと続けられるのかも不安だったので最初の頃はとりあえずもらったレシートを全部貼り付けるというものを試してみました。

が、貼り付けるものの、集計をするのは月末に一度だけ。

レシートでパンパンになったノートを開くのも面倒になるし、合計額が合わずに何度も計算するハメになるし、夫は最初に提案したきりでほったらかしだし結局2か月で断念。

手書き家計簿に変更。悪戦苦闘しながら自分のルールが見えてきました→貯金成功!!

分厚くなったレシートノートをもう見たくなかったので年が明けたタイミングでオレンジページの家計簿を用意しました。

実際に手に取った家計簿の中で一番使いやすそうだったのですが、それでも最初の頃は慣れない書き込みに苦労しました。

書き込むのが面倒でテーブルにはレシートの山ができてたし。

カード払いが多いから収支が合わなくてイライラしたし。

家計簿を使いこなせていない自分にイライラするし、相変わらず丸投げ状態なのにたまにもっともらしい事を言ってくる夫にケンカ腰になってみたり毎日一人でカリカリしていました。

それでも、

今がんばらないと何も変わらない

あたしがやんないとダメだ

という思いでコツコツ続けていくうちにカード払いで収支が合わないことよりも毎月実際に使った額がしっかりと分かればそれでいいんだという事に気が付き、気持ちがラクになりました。

カードで収支が合わなくても毎月お給料よりも少ないお金で生活できてたら貯金はできるんだからね。

そこから少しづつ家計簿をつける事を楽しめるようになり、結婚当初は毎月赤字だったのが月10万円の貯金ができるようになってきました。

大体のお金の流れをわかっているつもりでも記録してみて初めて見えてくるってこと、結構あります。

どの項目に一体いくらのお金を払っているのかがわかると削る所が見えてきます。

家計簿アプリ「マネーフォワード」も取り入れえてますます管理がラクになりました

一年間手書きの家計簿を続けた事は大きな自信になって「もっとわかりやすく管理したい!!」という気持ちが出てきたので今年からはマネーフォワードと手書きの二刀流を続けています。

通帳やクレジットカードをリンクさせるのはちょっと抵抗がありましたが自分で計算しなくてもいいのでとっても重宝しています。

以前みたいに全ての項目を手書きすることはなくなりましたが、クレジットカードと医療費の明細書を管理したいのでアナログな部分も必要です。

ちなみに食費は節約していません

節約!節約!!と息巻いていた頃はとにかく食費を削ることしか思いつきませんでしたが、今はあえて食費を削ろうとはしていません。

食べることは日々のささやかな楽しみなのでここをガマンしちゃうと心がすさみます。

買いすぎない

冷蔵庫が空っぽになったら買い物にいく

この二つを気を付けるようにして食べたいものを食べるようにしています。

関連記事です 冷蔵庫を大きなメモ帳に 買うものもメニューも直接書き込んで食材の使い切りを目指します

暮らしを小さくすることができたおかげで無職期間もなんとか乗り切れています

私は半年前から仕事をしていません。

もしあのまま家計簿をつけていなかったら毎月貯金を切り崩して家計は破綻していたかもしれません。

それが今では毎月の積み立て投資を始めることができているし、夫の奨学金を一部繰り上げ返済もできたんだから家計簿の力ってすごい。

関連記事です

銀行預金にもリスクがある 積み立て投資で最後に笑う人間に私はなりたい

いずれまた仕事をするつもりなのでそうしたら今より資産が・・・ふふふ♪

面倒だから、続かない、大体のお金の流れはわかってるし・・・

そう思っている方も一度挑戦してみてはいかがでしょうか?新年度だしちょうどいいタイミングじゃないですか?

気が付いたら毎月お金がない・・・こんな状態とさよならできますよ。

いずれこのブログで家計簿を公開してみようと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へこのエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク