初めて電子書籍を使ってみたので正直な感想を書いてみます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

最近人生初の電子書籍デビューをしました。

きっかけは病院の待合室でたまたま読んだ雑誌がどうしてももっと読みたくなったから。

読みたいけど、買いに行くのが面倒

本当はAmazonで注文しようと思ったんだけど届くまで時間もかかるし、だからと言って近所の本屋さんにわざわざ行くのも面倒。

でも欲しい。すぐ読みたい。

そう思いながらAmazonの画面を見ていると「Kindle版」の文字が。

読みたい時にパラパラとめくるのが好きだし、目が疲れそうだと思って電子書籍は今まで挑戦した事がありませんでしたが、値段も実際の本よりも若干お得

タッチパネル対応ではない私のパソコンでも読めると知り注文してみることにしました。

なにごとも経験ですからね。

簡単にダウンロード、すぐに使えます。

まずはPCブラウザでKindle for pcにアクセス。

ダウンロードが終わったらAmazonアカウントのメールアドレス、パスワードを入力してサインインします。

後は読みたい本を選んで決済、ダウンロードするだけというとっても簡単、お手軽でした。

お手軽でした、なんて書いていますけど実はわたし最初に「Kindle Cloud Reader」をダウンロードしてしまってパソコンで上手く読めずにモタモタしていました。

拡大表示された状態ではページをめくることはできないので操作に手間取ってしまう時はありますが、始めて電子書籍を使ってみた正直な感想は・・・

読みたい本の種類によってはとってもアリだと思います。

レシピ本など、読みながら作業したい時には電子書籍の方が便利だと思います。

ちなみに今回私が買ったのはESSE5月号。

私は普段ノートパソコンを台所で使っているんですが、本のレシピを参考に料理を作りたい時なんかは電子書籍の方が便利だと思いました。

本だと見たいページを開いても重りを置かないとすぐに閉じてしまうのがあるあるだと思いますが、電子書籍ならそんな心配も無用。

しかも拡大表示されますから料理の合間に本に顔を近づけて見るなんて事もなくなります。

ただ小説だったり字が多い本だとやっぱり疲れるのかな・・・?

思いつきで本を開くという感覚とはちょっと違うのでまだ慣れない感じがありますが、それは私がタブレットではなくパソコンで読んでいるからなのかもしれません。

それでも操作が面倒なんて事はないのでスムーズに使えています。

ここからは私が電子書籍のデメリットだと感じる部分を書いてみようとおもいます。

買ったことを忘れる、満足感がない

テーブルの上や、自分の目の届く所に買った本が見えないとその存在を忘れてしまいます

初めての電子書籍が面白くて最初は結構操作していましたが、日が経つと買ったことを忘れてしまいます。

普段なら雑誌は一気に全部読んで後からじっくり読み返すんですが、まだ後半部分が読めていません。

iphoneにKindleのアプリを入れているのでいつでも読むことはできるハズなのにそれでも読んでいません。それは画面がちっちゃいからなのかな?

実際に手に取って本をめくる、という事がなくなるのでほんのちょっと物足りない感じがします。

私はどちらかというとあまり物を持ちたくない派なんですが、本棚に本を並べていたいという人には向かないのかもしれません。

読み終えた本を売れない、貸せない

私は一通り本を楽しんだら買い取りをお願いするんですが、電子書籍はそういう訳にはいきませんね。

そして自分が持っている本を人に貸したりできない。

この先ほとんどの本が電子書籍になったらマンガを貸し借りなんて光景は見られなくなるのかもしれません。なんかさみしいなぁ。

お金を使った気にならないので買いすぎそう

普段からネット通販も使うし、クレジットカードもばんばん使っていますが形を持たない電子書籍を買うというのは今まで味わったことのない不思議な感覚になりました。

なんていうか、お金を使った感覚がない

読みたいと思った時にすぐ手に入るのはあまりに便利すぎるので買いすぎないように注意しないと。

もちろんいい所もたくさんあるよ!

いろいろデメリットを書いてきましたが、

  • 買いに行く時間がない時でも簡単に手に入る
  • 保管場所の心配をしなくてもいい
  • 試し読みができる

ちなみに夫は毎夜スマホの小さい画面でマンガを読んでいるヘビーユーザーです。

夫のマンガが増えすぎて・・・って方にも向いてるのかもしれませんね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へこのエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク