エアコン掃除、自分でやるなら「くうきれい」にお任せ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

結構前の話になるんですが、エアコンを使うシーズンが近づいていたので初めて本格的に掃除をしてみました!

エアコンの汚れの原因はカビ・ヤニ・ダニ・・・

今まではどんなふうに掃除したらいいのかわからずフィルターを洗う程度だったんですが、エアコンは運転中に出る結露が原因で内部は相当カビが生えているらしい・・・と聞いて思い切って挑戦。

タバコを吸うお家であればヤニ、ペットを飼っているお家ならペットの毛も吸い上げているなんて情報もあったのでエアコンって家庭内で一番汚れている家電なのかもしれないです。

16年一度も?掃除したことのないエアコンでも「くうきれい」は力を発揮するのか?

ちなみに我が家のエアコンはアパートの新築当初から付いているもので16年選手です。

おそらく過去16年プロの手でキレイにしてもらったなんて事はないと思います。

16年分の汚れが溜まっているからこそ、一度プロの手で汚れをリセットしてほしいのが本心ですが賃貸にそこまでお金はかけられないのでネットでも評価の高かった「くうきれい」を使って挑戦。


≪送料無料≫ 【ショーワ くうきれい】 エアコンファン洗浄剤 AFC-501×2セット、エアコン内部洗浄剤 AFC-301×2セット 家庭用エアコン 掃除

いずれ使うものなので2セットの物を用意しました。

ちなみにほぼ年中エアコンを使う家庭であれば年2,3回は掃除をしてあげるのが理想らしいです。

外して・スプレーして・洗い流す シンプルな作業です

まず最初に外側のパネルを外してフィルターに掃除機をかけて、その後フィルターを外して風呂場で洗いました。

あらかじめ掃除機をかけた方がホコリやダニ、カビの胞子が舞うのを防げるらしいです。

そして付属の養生シートを貼り、水濡れ厳禁の箇所にマスキングをしたらいよいよくうきれいの出番です。(念のため、床には段ボールの上にレジャーシートを敷き、バケツも用意しました)

外側のパネルを外すと見えてくるフィンにはフィン用、下にあるファンにはファン用をそれぞれスプレーして放置。

説明書には2,30分放置と書いていますが泡が消えなかったので1時間くらいは放置していたとおもいます。

だって泡が消えていなくてもみるみるうちに汚れが解け出てくるんです!かなり強力な洗剤なのがわかります。

泡が汚れを溶かし出したものがこの画像です。

この画像は序盤に撮ったものでこの後さらに真っ黒になっていました。

今までほとんど掃除した事がないエアコンの場合はここからがちょっと大変かもしれません。

1時間放置してから洗い流すのですが、我が家ではここからが大変でした。

くうきれいはフィン用・ファン用それぞれが洗剤と洗い流すリンスにわかれているのですが、口コミではこのリンスが少なすぎると書かれていたので霧吹き→リンスの順番で洗い流すことに。

霧吹きの先端を調整して、水の勢いを強めてファンの汚れを洗い流そうとするも

  • 水の勢いでファンがくるくるまわって汚れが思うようにとれない
  • 16年もののこびりついた汚れを洗い流すのは水だけでは限界がある

こんな理由でかなり苦労しました。

水だけで5,6回洗い流してもまだこんな感じ。

高圧洗浄機があったらかなりラクなんでしょうね。

途中からは家にあったストローを洗うブラシでこすりながら洗い流す作戦に切り替えましたが、もうちょっと太目のブラシの方がやりやすかったのかも。

一人が霧吹きとブラシ、もう一人が懐中電灯でファン内部を照らす。この作業だけでひたすら1時間。

なんとか納得のいく状態まできれいにする事ができたので作業終了する事ができました。

かかった作業時間は3時間くらいでしょうか?

初めてなので汚れに苦戦しましたがお陰で快適にエアコンを使えています。

かなり頑張ったおかげでイヤな臭いもすることがなく快適にエアコンを使うことができています。

エアコンの内部がこんなに汚いっていうのも衝撃だけど、自分たちでも満足のいく仕上がりにできるっていうのはとっても嬉しい。

いつかはプロの技も見てみたいけど、しばらくはくうきれいのお世話になりそうです。

定期的に掃除しようと決めたので次回はきっともっと楽に作業できるハズ!!

冷房の後は送風運転がキレイをキープするコツらしいです

せっかくキレイにしたエアコンでも冷房のみで使っているとすぐにカビが生えてしまうそうで、冷房を使ったあとはしばらく送風して内部に溜まった結露をしっかり乾燥させるのがキレイを保つ秘訣らしいです。

喉がイガイガする、エアコンがにおう、最後に掃除したのがいつだったか?なんて方、くうきれいオススメできますよ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へこのエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク